再販:願いを込めた水引結びのストラップ

2018年に作成した水引結びストラップ、めでたく完売して再販中です。
陶器ビーズを「叶結び」、「梅結び」の2つの結びで挟んだ ありそうでなさそうモチーフが再登場です。

ありがたくも完売した前回の作品はこちらです。
モチーフ詳細等は以前と変わりがないので、このページをご参照いただくとありがたいですが、ページを辿るのも手間でありましょうからw
こちらにも書いておくことにします。

作品が生まれたきっかけ

母の日も近づく頃。
何か気軽に「ほい」って手渡しできる、老若男女OKなもの と考えていました。
皆それぞれ、無意識で願い事は持っていて、その願い事が邪じゃないものであればいいと思ったんですよ。
贈った人、受け取った人 もしもその願い事が表向きは反対のことであっても、根っこで「幸せでありますように」と思う心は同じ。
そんな気持ちの流れを整えてくれるようなものが作れないかな と思っていました。

モチーフ詳細


縦:約5~6㎝強
横:約3~4㎝弱
陶器風ビーズ1個
水引結び 2個

使用水引は飯田水引です。

結び詳細

上:梅結び
下:叶結び

 モチーフ写真は表面で、叶結びの「口」部分が見えています。
裏に返すと「十」になっていて、表裏を合わせて「叶」の字になることから、叶結びです。

花水引、絹巻水引3本で結んでいます。
別々の結びではなく、叶結びを結んだあと、ビーズを通し梅結びを結んでいます。

梅結びは 魔除け、硬い結びつき、運気向上を
叶結びは 読んで字のごとく「叶うこと」を
それぞれ意味が込められています。

ストラップ金具

<カニカン付きストラップ>
長さ:約6.5cm
付属品:丸カン

こだわり製法

coa’s monoの作る水引アクセサリは 結びの「留め」について 針金を使わない、接着剤で留める方法で作っています。

そのために、留めた状態が確認しやすいように、作品販売ページにも止めた部分が確認できる写真を載せています。

新しいことも試しています。
前回は、防水のためにモチーフにラッカースプレーをかけていましたが、今回は水性アクリルニスを塗っています(`・∀・´)!
水引の糸に塗っても、風合いに遜色がなく…ただ、接着剤との相性がキモですね(;´・ω・)…

作品紹介

今回は9種類作成しました。
前回はナンバリングと主要な色のみのご紹介でしたが、水引の色合わせをした背景が伺える「名前」をそれぞれに付けました。

① 菖蒲

以前の「紫」と全く同じ色合わせ。
5月5日「端午の節句」は「菖蒲の節句」ともいうが、この場合の菖蒲は花が咲く菖蒲(花菖蒲・アヤメ科)のことではなく、サトイモ科の菖蒲のことである。
けれど、そういった厳密な菖蒲に拘らず、花菖蒲の色のまま合わせた。

② 唐の春

水引の起源について、思いを巡らせ色合わせしたもの。
その起源については諸説あるが、大雑把に考えると遣隋使の頃から日明貿易の頃の間に伝わったのだろうと思う。
その間、一番中国が華やかだったとされているのは唐の時代。
唐の都、長安の春は如何ばかりか
と思ったときの色合わせがこれである。

大雑把に考えた根拠は以下の通り。

「水引 起源」で検索すると検索の一番初めに出てくるのがこれ。

水引の起源は、小野妹子が隋から帰った際、同行した答礼使が持参した貢ぎ物に結ばれた紅白の麻紐にあり、そこから宮廷への献上品には紅白の麻紐で結ぶ習慣が生まれ、室町時代に麻紐の代わりに紙縒りに糊水を引いた水引になったといわれる。

水引(みずひき) – 語源由来辞典

ウィキペディアは語源由来辞典にあった説は載っていなかった。

その起源は定かではないが、室町時代日明貿易においてからの輸入品の箱全てに赤と白の縄が縛り付けられており、この縄は明側が輸出用の品を他と区別するために使用していたに過ぎなかったが、日本側がこの縄を贈答に使用する習慣と誤解し、以後の日本で贈答品に赤と白の紐をかけるようになったという説や、航海の無事を祈ったり海賊から守るための魔除けとして縄に塗った黒色毒が解くと赤色に変色したという説などがある。

水引 – Wikipedia

③ 新芽

春の初めに出てくる芽を色合わせしたもの。
札幌では、草木が芽吹き始めた頃にまだ雪が残っていることも少なくない。
新芽が息吹き始める頃を七十二候では草木萌動(そうもくめばえいずる)といい、グレゴリオ暦で言えば3月のごくごく初めの頃。
…まったくもってその時期は、こっちではまだ春とは言えない…

④ 桜

札幌では桜の季節は5月が本番。
そして梅も5月が本番…w
というのは、北海道神宮には桜と梅が一緒に植えられているからだ。
そこでお花見をしたときの記憶を辿った色合わせ。

⑤ 湖面の空

晴れた日に湖面に写った空の色の色合わせ。
中に行くほどに青が深くなり、外に行くほどに水が輝く。

⑥ 春香の木

春になっても派手に芽吹かない木…近所の公園に多いのだけれど
彼らだとて、しっかり命を刻む循環の流れに入る。
木肌を見てみると、種類にもよるけれど、なかなか微妙な色のグラデーションが面白かった。
そういう色合わせ。

⑦ 菫

偶然の令和カラー…(;´・ω・)
しかし、色味を微妙に加減し並べ替えると、そんなに元号元号したカラーにも見えないんじゃないのかな…w
新元号=!って思っていただいても良いですが(;´・ω・)

これは、菫の花の色合わせです。

⑧ 金雲

太陽の光の加減で雲が気に路に浮かび上がっているように見える。
いいことがあるような気がする。
そんな空を見たときの色合わせ。

⑨ 梅の杜

和風の花と思う時に古くから今の形で咲いているのは梅の方。
結びでも「梅結び」はあるけれど、「桜結び」ってそういえばないな…と思いつつ。
古式ゆかしい梅の花に敬意払いつつの色合わせ。

この作品の販売サイト

 BASE
https://coasmono.handcrafted.jp/items/19267293

 minne
https://minne.com/items/13802056